精神障害

交通事故にあってしまうことによって精神障害が生じてしまうことがあります。たとえば交通事故の記憶が恐ろしいものとして認識されるようになり、その結果としてPTSDになってしまうのです。また、交通事故のせいで長期入院してしまい、社会復帰できるのか不安になってしまいうつ病になってしまうような方もいます

PTSDPTSDというのは恐怖体験が原因となり、フラッシュバックが起きてしまったり、うつ状態やパニック状態になってしまうことです。交通事故にあってしまった人の中で多くの方がこのような精神的な症状が出ているとされています。ただし、PTSDは一時的に起きてしまうケースもあります。それが治らなくて慢性的に起きる場合には後遺障害となるでしょう。この場合は後遺障害の等級認定を受けることを考慮するべきでしょう。うつ病やPTSDなどで後遺障害が認定されるケースはあるのです。

これらの精神障害は非器質性精神障害とされています。器質性というのは実際に臓器を損傷した結果として起きる症状のことです。PTSDやうつ病といったものは臓器の損傷とは無関係に起きてしまいます。そのため、たとえば交通事故で軽症だったとしても、PTSDになってしまうような方はいるのです。

事故との因果関係を証明できれば後遺障害として認められるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket